面接

カフェバイトの面接で合格に1歩近づく自己PRの書き方

カフェのバイトに応募するに当たり、履歴書を提出したり面接を受けたりしなければなりません。

そんな時に悩むのが『自己PR』ではありませんか?こんな時でないと考えることのないものなので、とても悩むし、なにが正解なのかわかりませんよね。

  • なにをアピールすればいいんだろう?
  • 私の長所ってなに?
  • 胸を張って言えることなんてないんだけど・・・

こんな風に悩んでいるあなたのために、このページでは『合格に近づく自己PRの書き方』をお伝えします。1発で合格して早くカフェで働きたい人は必ずチェックしてくださいね!

自己PRは自分をアピールする重要要素!

正社員の採用とは違ってアルバイトの面接はそこまで困難ではないものの、面接官は応募してきた人の中から誰が良いのか選んでいます。

特にカフェは競争率の高い職場なので、アルバイトといえど面接で落とされることもあります。

そんな時に自己PRは大事な要素で、自分を上手く表現してアピールできれば採用率は高くなるのです◎

管理人りな
管理人りな
私も何度か落とされたことあるなぁ・・・

 

さて、自己PRと同様に履歴書に書く必要がある「志望動機」ですが、この2つの違いはわかりますか?自己PRと志望動機は似ているようで意味合いが異なります。

自己PR⇒自分の強みを相手へとアピールする

志望動機⇒なぜこのバイトを選んだのかという理由

このような違いがあり、履歴書では上手く書き分けなければなりません。同じことを書いていては合格は遠ざかってしまいます。

志望動機の書き方はこちらの記事へ

面接官がグッとくる志望動機の書き方をお伝えしています

>>カフェバイトに受かる志望動機の書き方&ポイント

 

面接で合格に近づく自己PRの書き方

自己PRは自分の長所や企業が自分を採用するメリットを記載する形となるので、特に決められた書き方はないのが特徴です。

それでも、間違ったアピールをしていると面接で受からない原因となるので、自己PRの書き方のポイントを見ていきましょう。例えば以下のようなことがアピールポイントとなります◎

・コツコツとマイペースでも前向きに努力ができる

・今までに接客業の経験があってコミュニケーション力が高い

・部活やサークルでリーダーとしてみんなを引っ張ってきた

・几帳面な性格で細かいことでも人に気を配れる

・週5日でも土日でもシフトに入れるとアピールする

・お盆や年末年始など長期休みの希望は特にない

・どんな時でも落ち着いて冷静に物事を判断できる

「自分はこういう人間で、こんな長所がある」ということを伝え、「だからお店にはこんなメリットがある、良いことがある」と伝える必要があります。

接客業を以前にしていた経験やスキルは重宝されますが、カフェのバイトでどのように活かせるのかも同時に記載する必要があります。

採用する側のメリットがなければ自己PRとしては少し弱く、まずは前のバイトで経験したことと新しいカフェのバイトとの共通点を挙げることから始めてください。

自分のアピールポイント・長所の見つけ方

自己PRは自分の長所を伝えてメリットを感じさせることが重要だと書きましたが、なかには自分の長所が何なのかよくわかっていない人もいるかと思います。

  • 自分には良いところがない
  • 誇れることがない
  • カフェの仕事につながることでアピールポイントが見当たらない

このように感じた人は、家族や友人に「私の長所ってなに?」と聞いてみましょう◎自分ではあたり前のこと、なんでもないようなことが他人から見ると、とてもすごいことである場合があります。

また、『自分史』というこれまでの自分を振り返る年表を作ってみるのもおすすめです。特に決まった形はないので、紙とペンを用意してこれまでの人生を振り返ってみてください。

これまでのあなたの経験を詳細に振り返ることで、自分の長所が浮かび上がってくる場合があります。

例えば・・・

小学生の時からコツコツと勉強するのが得意だった。それは今でも変わらなくて、自分が決めたことは絶対に達成するまでやめない粘り強さがある!
中学生の時は陸上部の部長で、みんなを全国大会に導いたぞ。人をまとめて目標に向かえることがアピールできそうだ。

 

こんな風に自分の長所に気づくことができます。一度、これまでの人生を振り返ってみましょう。

間違った自己PRのやり方は?

いくら自分の長所やアピールポイントを見つけたとしても、間違った書き方をしてしまってはすべてが台無しです。

そこで、以下では間違った自己PRのやり方を幾つか挙げてみました。

・あまりにもPRポイントが多すぎてまとまっていない

・箇条書きをしているだけで具体例が入っていない

・背景の説明ばかりで自分が成し遂げたことが記載されていない

・エピソードに独自性がなくて誰でも書けるような内容

以上のような書き方をしてしまうと面接官にとってはメリットを感じられないので要注意です。

まとめ

自己PRは自分の強みを伝えて雇うメリットを感じてもらう重要な要素です◎以下のようなポイントを意識して書いてみましょう。

・今までに接客業の経験があってコミュニケーション力が高い

・部活やサークルでリーダーとしてみんなを引っ張ってきた

・週5日でも土日でもシフトに入れるとアピールする

・どんな時でも落ち着いて冷静に物事を判断できる など

カフェのバイトではあまりにも長々と記載する必要はないものの、あなたを採用することでのメリットを上手く伝えなければなりません。

もちろん、笑顔や元気、見た目の清潔感など採用不採用を決める要素はたくさんあるので、バイト先へと出向いて面接を受ける前に自分に足りないものが何なのか探してみましょう。