カフェの仕事

コーヒーの知識がなくてもカフェでバイトができる理由とは

これからカフェでバイトをしたいという人の中には、「コーヒーの知識が全くないけど大丈夫かな?」と心配になる人も少なくありません。

確かにカフェバイトの面接に行ったとき、コーヒーについての知識がある人と全くない人だと、知識がある人の方が有利のような気がしますよね。

しかし実際には、よっぽどの経験者を求めているお店でない限りは、コーヒーの知識がないからといって不合格になることはありません。

特にバイトであれば、カフェで働いたことがないという未経験者も多く、コーヒーが苦手な(飲めない)人も多くいるのです。

もちろん実際に働くことになれば、コーヒーの知識が必要になるかもしれませんが、働いているうちに自然と知識が身につくものなので、あまり心配しないでくださいね。

カフェバイトでコーヒーの知識よりも重要なこととは

カフェ バイト コーヒー

面接の時点でコーヒーについての知識があるかないかは、採用側にとってはあまり重要ではありません。

それよりも重要とされるのは『笑顔』『コミュニケーション力』『挨拶』などです。

特にカフェでの仕事は接客業で、人(スタッフ)によってお店の売上が変わることも珍しくありません。

「あなたがいるからこのお店に来るの」

お客さまにこう言われるスタッフが多くいればいるほど、お店の魅力は大きくなります。

そのために必要なのは『コーヒーの知識』よりも『笑顔』や『お客様に対する想い』だったりするのです。

確実に面接で合格したい人は『面接マニュアル』を読んでみてくださいね。

 

カフェバイトで最低限必要なコーヒーの知識って?

カフェ バイト コーヒー

しかしだからといって、カフェで働いていてコーヒーの知識が全く必要でないわけではありません。

お客さまにメニューの説明をするときや、おいしいコーヒーを淹れるためにはある程度の知識が必要になってくるでしょう。

 お店で扱っているコーヒー豆の特徴
 メニューごとの味の違い
 コーヒーを抽出する方法や注意点 
 ラテアートの仕方 など

これらは最低限覚えなくてはいけない知識だったり、または働くうちに自然と身につく知識になります。

ひとつひとつを自分の手でメニューを作りながら実際のコーヒーの色や香り、味を覚えていくことができるので、覚えるつもりがなくても覚えてしまうものです。

もちろんホールメインのスタッフでも、お店のメニューにあるものはすべての名前を覚えるのが原則です。

そしてそのメニューがどういうものなのかを把握しておく必要がありますね。

管理人りな
管理人りな
例えばカフェラテとカフェモカがどう違うのか、お客さまに説明できるようにしておかなくてはいけません。

 

もちろんわからない事があった時は、知ったふりをしたり放っておいたりせずに、先輩に聞くようにしましょう。先輩スタッフも同じように学んできているはずなので、親切に教えてくれるはずです。

このようにカフェで働いていれば、体験しながら多くのことを学べるでしょう◎

働きながらコーヒーの知識を身につける方法は?

働いているうちに自然とコーヒーの知識が身につくこともありますが、他にも学ぶ方法があります。

知識は多ければ多いので、様々な機会を利用して知識をつけるようにしましょう◎

研修制度を利用する

カフェによってはスタッフへの研修制度でコーヒーについての知識が学べることがあります。

スタッフの教育に力をいれているお店なので、「将来お店を開きたい」「プロのバリスタとして活躍したい」という人にはおすすめです◎

研修制度や社内セミナーをおこなっているかどうかは 求人情報に書いてあることが多いので、気になる人はチェックしてから応募してくださいね。

 

通信講座で勉強する

知識を深めて他のスタッフに差をつけるには、自分の時間を使って勉強することが必要。学校やバイトの時間の合間に学べる「通信講座」を活用するのがよいでしょう◎

通信講座では自宅に送られてくるテキストやDVDを見ながら好きな時間に学べ、オンラインでのサポートも充実しています。

またオンライン通信講座formieの「コーヒースペシャリスト資格取得講座 」では学習、サポート、資格試験まで、すべてスマホで完結してしまうので、忙しい人にぴったりです。

管理人りな
管理人りな
しかも資格も取得できるので、勉強した成果が形となるのが良いですね◎他のカフェで働くときの面接でのアピールポイントにもなります。

まとめ

これからカフェでバイトをする人にはコーヒーの知識は必ずしも必要ではありません。

「全く知識がない」「カフェバイトが初めて」でも問題ないので、安心して面接にのぞんでくださいね。

実際に働きながらコーヒーに関する知識を身につけることができますが、より一層勉強したいという方は研修制度のあるカフェで働いたり、通信講座を利用して知識をつけるようにしましょう!