カフェの種類

カフェとカフェレストランの違いってなに?向いている人材とは?

カフェ レストラン 違い

カフェのバイトを探していると、「〇〇カフェ」と「カフェレストラン△△」といった名前の違いに気づくと思います。

どんな違いがあるのだろう?自分に合っているのはどっち?

そんなあなたのために、このページではカフェレストランがカフェとはどのような違いがあるお店なのかをお伝えしていきます。

カフェレストランとは?カフェとの違いは?

カフェレストランとはコーヒーなどのドリンクメインの「カフェ」と食事メインの「レストラン」の中間のような形態のお店を指します。

カフェ レストラン 違いしかし「カフェ」と「カフェレストラン」、そして「レストラン」の定義はあいまいで、明確な線引きはありません。

経営者がこの店はカフェだと思えば「カフェ」ですし、カフェレストランだと思えば「カフェレストラン」なのです。

というのも、人は店名を見てそのお店が『何屋さん』なのかを瞬時に判断します。

そのため、お客さまがどんなものを提供しているお店なのかをパッと見てわかるように、経営者は「カフェレストラン」と「カフェ」を使い分けているのです。

実際に色々なお店を見てみると、カフェレストランと名のついたお店の場合には食事をメインにしていたり、力を入れているカフェを指すことが多いようです。

「カフェだけど、食事もおいしいですよ」「コーヒーだけでなく、食事も楽しめますよ」といったメッセージが『カフェレストラン』という名称には込められているのです。

「カフェ」と「カフェレストラン」どちらで働く?

このように「カフェ」と「カフェレストラン」の線引きがあいまいなため、働くときには少し注意が必要です。

一言で『カフェレストラン』といっても、カフェ寄りのお店なのか、レストラン寄りのお店なのかは異なります。

いざ働き出して、「カフェというよりはレストランだった・・・!」と失敗がないようにしましょう。

例えばレストラン寄りのお店だと、ランチタイムとディナータイムの間(デザートの時間)を中休みとしていたり、コーヒーに力を入れていなかったりといった点があります。

その反面、食事やワインに力を入れていることが多いので、本格的な料理を作れるようになったり、接客の技術を学べる機会に恵まれます。

将来自分のお店を持ちたい人や、ホテルなどの高級レストランで働けるようになりたい人にとっては「カフェ」よりも「カフェレストラン」の方が勉強になることは多いかもしれません◎

逆にカフェ寄りのお店であれば、デザートに力を入れたりと女性をターゲットにしたお店になるでしょう。

「デザートを作るようになりたい」「おいしいコーヒーを淹れたい」といった気持ちがあるなら、『カフェ』もしくは『カフェ寄りのカフェレストラン』の方が向いていますよね。

しかし、「カフェ」や「カフェレストラン」といった名称にだけ惑わされてもいけません。

「カフェ」であっても食事メニューを豊富に取り揃えているお店はありますし、「カフェレストラン」がコーヒーに力を入れていないとも限りません。

働きたいお店を見つけたら、実際にお店に行ってみたり、「どのようなお店なのか」を面接で聞いてみると良いでしょう。

自分が本当に働きたいお店なのか、学びたいことを学べる環境なのかをしっかりと見極めて働いてくださいね。