面接

カフェバイトの面接は私服でOK?気を付けたい身だしなみポイント

面接って「ちゃんとしなくてはいけない」というイメージが強いですよね。そのため、面接へ行くのにスーツか私服どちらが良いのか迷う人も少なくありません。

結果から言うと、カフェに限らずアルバイトの面接は基本的に私服でOKです。

それでも私服ならなんでもOKかというと、そういうわけではありません。

このページではどのような服装で面接へ行けばいいのか、気を付けるべき身だしなみについてをお伝えしていきます。これからカフェバイトの面接を控えている方必見です!

カフェバイトの面接で気を付けたい私服のポイント

正社員の面接とは違い、アルバイトの面接でスーツの着用を義務付けているところは非常に少なく、私服で受けるのが一般的です。

特に高校生や大学生が面接を受けるに当たってわざわざスーツを購入する必要はなく、「普段通りの格好で大丈夫です」と電話で指示されます。

もちろん、求人情報の欄に面接時の服装について詳しく記載されていることがあるので、念のために確認しておかなければなりません。

しかし、「私服でOK=どんな服装でもOK」というわけではないので注意が必要です。

奇抜過ぎる格好は採用担当者の評価が低くなる原因となるので注意が必要です。以下では面接時の服装で押さえておくべき点をまとめてみました。

清潔感を大切にする

人間の第一印象は見た目が90%を占めていると考えられています。

  • 私たちは情報をキャッチする際に視覚を優先している
  • 視覚で相手を判断してから中身に入る

見た目が大事なのはこういった理由があり、カフェバイトの面接で良い印象を与えるには清潔感を意識した服装を着用すべきです。

食べ物や飲み物など飲食関係の仕事では食品を取り扱いますし、汚らしい格好で面接を受けて良い印象を与えられない理由は何となくわかると思います。

どのような服装であれ、汚い・だらしない印象を与える格好は避けましょう。

  • アイロンをしっかりかける
  • 毛玉が付いていないか確認する
  • 靴の汚れをふいておく
  • ストッキングは穴のあいていないものを履く

以上のような点を気を付けて清潔感のある恰好を心がけてくださいね。

こんな格好はNG!

それでは具体的にどんな私服を避けるべきなのかをいくつか挙げてみます。

  • ダボダボのTシャツ
  • ジーパンやハーフパンツ
  • サンダルやヒールの高い靴
  • パーティードレスのように露出が多い服装
  • ロリータファッションやコスプレなど趣味感が強い服装

自分にとってオシャレとなるポイントは異なりますが、これらが一般的に面接に向いていないとされる格好です。

ジーパンは意見がわかれる服装で、カフェのアルバイトならOKとする面接官もいます。ただ『面接=ジーパンはNG』と思っている人も少なからずいますので、避けた方が無難な恰好といえるでしょう。

管理人りな
管理人りな
スーツを着る必要がなくても、いわゆる「キレイめな恰好」を意識すると良いですね

女性であれば、例えば「彼のご両親に挨拶に行く時に着る服装」と考えるとわかりやすいかもしれません。大好きな彼のご両親に初めて会う時に、ボロボロの恰好や露出度の高い服は着ませんよね。

服装だけじゃない!気を付けたい身だしなみポイント

服装の他にも髪型や指先の清潔感もカフェの面接では重要なポイントです。身だしなみに関しても汚い・だらしないという印象を与えないことを意識してみてください。

爪は短くネイルはしないこと

カフェは飲食店なので、バイト中に長く伸びた爪やネイルはNGです。お店によってネイルをOKとしている場合もありますが、面接では一切NGと考えた方が良いでしょう。

爪の長さは深爪とはいかなくてもある程度短めに切りそろえておきます。

爪が長い状態で面接を受けると、「バイト中もこの爪の長さなのかな」と不安に思われてしまうので注意しましょう。

管理人りな
管理人りな
カフェでのバイト中は食器の受け渡しなど、スタッフともお客さまとも手が触れる状況が多くあります。その時に相手を傷つけないように爪を短く切っておくのがマナーです。

 

ピアスやネックレスは極力避けて

ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリーは極力しない方が無難です。

たいていのカフェではバイト中のアクセサリー着用(結婚指輪以外)を禁止しています。

面接中もあえてファッションを意識してアクセサリーを付ける必要性はなく、印象が悪くなることはあっても良くなることはないものなので何もつけない方が良いでしょう。

髪色や長い髪はどうする?

カフェのバイトでは金髪や派手な髪色を禁止としているお店が多くあります。

黒髪や少し茶色いくらいの髪色はOKですが、華美な印象を与える髪色はNGとされることが多いですね。

面接の段階ではまだ働くことが決まったわけではありませんので、無理に暗い髪色に染め直して面接にのぞむ必要はないかもしれません。

しかし一般的な印象として金髪や赤髪などはあまり良い印象を与えないことが多いので、面接官によっては不利に働くことを覚えておいてください。

もし今の自分の髪色が大丈夫かどうか心配な時は、面接の際にどれくらいの茶髪ならOKかを聞くと良いでしょう◎

また長い髪の女性は結んで面接を受けるようにした方が良いですね。その方が清潔感があり、好印象を与えます。

まとめ

カフェバイトの面接は私服でOKですが、以下のような服装を避けて清潔感のある恰好を心がけましょう。

  • ダボダボのTシャツ
  • ジーパン
  • サンダルやヒールの高い靴
  • 露出の多い服や趣味感の強い服 など

また爪、髪、アクセサリーなど身だしなみにも注意が必要です◎

見た目だけで採用か不採用か決まらないとしても、これから長い期間に渡って働く職場となるので第一印象を良くする努力をしてくださいね。